※2021年5月12日付にてサービス名を『マイホームアプリ「knot」』から『マイホームアプリ myhm』へ
変更いたしました。本記事はサービス名称変更前のインタビュー内容です。

株式会社ユーホームズは、いつまでも快適に暮らすことができる高気密・高断熱の家づくりをおこなっている新潟県南魚沼市の工務店です。寒さの厳しい新潟県の冬でも素足で過ごせる床下エアコンなどが特徴的です。

今回のインタビューでは、同社の営業担当である中村圭輔さんと、広報担当である林瞳さんにマイホームアプリknotの導入体験を伺いました。

―はじめに、knotを導入したきっかけを教えていただけますか?

中村さん knotを使い始める前は、別のコミュニケーションツールを使ってお客様とやりとりをしていたのですが、図面などの資料を共有する際に不便に感じることが多々ありました。そのツールでは、メッセージに添付した資料に閲覧できる期限が設定されていて、期限を過ぎると共有した資料を見れなくなったりしていたんです。そこで、より使いやすいツールを探し求めていた際に、knotを使ってみることにしました。

―たしかに、お家づくりは長期間にわたりますから、閲覧期限が切れて共有していたデータが見れなくなってしまった、となると不便ですよね。knotを実際に使ってみていかがでしたか?

中村さん 期待していた通り、施工中の写真や図面、契約書、取扱説明書などの管理・共有がとても便利になりました。この点については、お客様にも喜んでいただいています。お客様の中にはネット銀行を利用して住宅ローンの借入をされる方がいらっしゃるのですが、弊社では住宅ローンの借入に必要な書類をすべてknot上にデジタルデータとして保管して共有しているので、それをそのまま銀行に提出できて便利だというお話を聞いています。

―資料の管理がカンタンになって業務がしやすくなっただけではなく、お客様からも嬉しいお声をいただいているのですね。

中村さん そうなんです。それから、導入前に思っていたよりも、knotがいろいろな使い方ができることに気づきました。資料の管理をしたり、チャット機能でお客様とやりとりできるだけではなく、タイムライン機能を使うと現場の状況を写真でお客様にお知らせできますし、タスク共有機能を使うと「いつまでに何を決めるか」ということが社内でもお客様にも一目瞭然ですので、タスクの抜けや漏れがなくなりました。今後はアフターメンテナンス機能も活用していきたいなと思っています。

―現在はアフターメンテナンスの管理はどのように行われているのですか?

中村さん 現在は、アフターメンテナンスのご案内を往復ハガキでご案内し、お客様から返信ハガキでご返信をいただいた上でお電話をかけ、実際に伺える日程を電話で調整する、という流れで行っています。knotのアフターメンテナンス機能を使えば、この一連の流れがknot上で完結するようになると思うので、お引き渡し済みのお客様にもknotをご案内するなど、準備を進めているところなんです。

―アフターメンテナンス機能で今後一層便利に使っていただけると嬉しいです!広報の業務ではknotをどのように利用されていらっしゃるんですか?

林さん 広報では、お知らせ配信機能を活用しています。構造見学会やオープンハウスといったイベントに参加してくださったお客様、初めてご来店してくださったお客様などにknotのアカウントを作っていただき、DMやSNSでの配信より前にイベント情報などをknotで先行案内しています。最近はお知らせ配信を見てくださったお客様がknotのチャット上でイベントの予約をしてくださることも増えてきました。それから、毎週末には住宅に関するコラムを配信して、弊社の強みやスタッフの想いを知ってもらうきっかけを作っています。

―なるほど、契約済みのお客様だけでなく、見込み客のお客様ともknotで繋がってくださっているのですね。knotをお客様にご紹介いただく際にはどのような反応がありますか?

中村さん はじめは「知らないアプリを登録するのは抵抗感があるんじゃないのかな」と思っていたのですが、実際に紹介してみるとすんなり登録してくださるお客様が多いですね。先ほど話に出たとおり、knotを入れていただくことで、イベント情報の先行案内が受けられることや、イベント予約もknotのチャット機能で簡単にできるようになりますよとお伝えすると、9割くらいの方がknotを使い始めてくださいます。

―お客様にもすんなりと受け入れていただけているのですね。

中村さん そうですね。knotを導入してから、以前よりもお客様とのつながりが強くなったと思います。最後にご来店いただいてから時間が経ってしまっているお客様でも、knotに登録いただいていることで、連絡が取りやすくなりました。電話だと連絡できるタイミングが制限されてしまいますが、チャットではいつでも連絡することができるので、とても便利ですし、ずっとつながり続けることが出来るのがうれしいですね。

―ありがとうございます。社内でのknotの導入はスムーズに進みましたか?

中村さん 使い方がわかりやすいので、特に苦労することなく浸透しましたね。それから、毎週末にお知らせ配信で配信するコラムのトピックをみんなで話し合うようになったりと、スタッフ一人ひとりが改めて会社の強みや魅力を再認識するきっかけになっているなと思います。

―それでは最後に、knotを検討中の工務店さんに、お二人からメッセージをお願いします!

中村さん 住宅業界は図面や契約書、見積書など、多くの書類を扱う業界ですが、knotを活用することで、これまで紙の印刷にかかっていた時間やコストといったムダを減らすことができます。また、お忙しくて現場になかなか足を運べないお客様にも写真を共有して現場の状況を知ってもらうことで、安心感をご提供できますし、お客様からも共有した写真に反応をいただいたりと、業務連絡以外にもいろいろなことができるツールなので、ぜひ使っていただきたいと思います。

林さん 工務店は長い時間をかけてお客様のお家づくりを一緒に進めていくお仕事なので、いつでもすぐに連絡ができるツールはとても重要だと思っています。さらにknotには、チャットだけでなく機能がたくさんあるので、弊社のように、営業はお客様とのやりとりを便利にする使い方を、広報はイベント配信やコラム配信のような会社の魅力を多くの方に発信する使い方を、といった形で、十人十色の使い方ができる便利なアプリだと思います!

―中村さん、林さん、今回はありがとうございました!

--------------------

マイホームアプリmyhm(旧knot)を活用した接客術や業務効率化のご説明を行っております。

下記ボタンより資料請求をお申し込みください。

回答が見つかりましたか?