株式会社まるみハウスは、一生に一度の大きな買い物である家づくりを共に進めるパートナーとして、お客様に寄り添った温かい接客をおこなっている神奈川県横浜市の工務店です。契約前からじっくりとヒアリングすることを欠かさず、お客様と家族のような関係性を築き上げることで、最高の家づくり体験を提供しています。

今回のインタビューでは、同社の代表取締役である小坂充さんにマイホームアプリknotの導入体験を伺いました。

―はじめに、knotを導入したきっかけを教えていただけますか?

小坂さん チャット機能を使っていつでもどこでもお客様とやりとりができること、ペーパーレスで簡単に資料の整理ができることに魅力を感じて導入しました。以前は、コミュニケーションツールはこれ、見積もりやデータの送付はこれ、などそれぞれの用途に応じてツールを使い分けていたのですが、knotは欲しい機能全てを網羅しているので、業務の効率アップにつながりました。弊社では私1人ですべての業務をおこなっているのですが、knotは1人スタッフを雇ったのと同じかそれ以上の力を発揮してくれていますね。

―knotを導入いただいたことで、そんなに業務効率がアップしているのですね。

小坂さん そうですね。ひとりひとりのお客様のご要望にきちんと向き合いたいと思っているからこそ、やはり1人だと手が回らないことが多かったんです。しかしknotを導入してからは、日中お客様に電話をする時間が取れなくても移動時間にチャットでご返信ができたり、いつでもどこにいてもご相談をお受けすることができるので、とても仕事がやりやすくなりました。

―ありがとうございます。他にもknotを利用してみて、変化したことや良かったことはありますか?

小坂さん 資料の整理やファイルの共有が簡単にできるということですね。物件ごとに資料がまとめられているので必要な資料をすぐに見つけることができますし、メールのようにファイルサイズを気にすることなく、手軽に画像データを共有して、お客様に工事の様子をお伝えすることができるので、業務のムダやミスを減らすことができています。

―業務の時間や手間が減るだけでなく、確実性も高まっているのですね。

小坂さん その通りです。それから、お客様と連絡を取りやすくなり、距離感も近くなりましたね。電話や対面といったリアルタイムでのやり取りの場合、お客様のご都合もありますし、その場で決められないことなどもありますが、チャットだと、お客様にもじっくり考えていただき、ご都合の良いタイミングでご返信していただくことができます。knotの機能はどれもお客様目線で設計されており、理にかなったツールだなと感じています。

―そうおっしゃっていただけると、とても嬉しいです!普段、お客様にはどのようにknotをご紹介いただいているのですか?

小坂さん はじめてのお打ち合わせの際に紹介しています。knotが会話のきっかけにもなりますし、すぐに使いはじめていただければ次回の打ち合わせの日程などをknotで相談することもできますので、アポ取りにも便利です。また、仮に契約に至らなかった場合や、ペンディングになった場合でも、「また何かあればknot上でいつでも相談してくださいね」とお伝えしているので、お客様と引き続きつながっておくことができます。

―新規のお客様との関係性を築くツールとしても使っていただいているのですね。

小坂さん そうです。あと最近では、過去に引き渡し済みのOBのお客様にも使っていただくようになりました。新型コロナウイルスの影響でなかなか直接お会いすることができない状況ですが、knotというデジタルツールを使えばオンラインでも手軽にやりとりができますよということをお伝えしてご紹介しています。

―最後に、knotを検討中の工務店さんにメッセージをお願いします!

小坂さん 資料の整理や顧客の管理が簡単になること、業務の時間やムダを削減できること...全てすばらしいので何からオススメすればいいのか分かりません(笑)実際に使っていただくと、私の言っていることが実感いただけると思います。他のソフトよりもずっと使い勝手がいいので、1人でも充分使いこなせるようになりました。私と同じように1人や少人数で経営をされている工務店さんにも、是非導入していただきたいと思います!

―小坂さん、今回はありがとうございました!

--------------------

マイホームアプリknotを活用した接客術や業務効率化のご説明を行っております。

下記ボタンより資料請求をお申し込みください。

回答が見つかりましたか?