フレンズホーム株式会社は、「低価格かつ高品質」な家づくりを通してたくさんのお客様と幸せを分かち合うことを目指す、愛知県犬山市の工務店です。お客様との信頼関係なくして良い家づくりをおこなうことはできないという考えのもと、経済的な暮らしやすさを重視したリーズナブルな価格の住宅を提供しています。

今回は、同社の代表取締役である棚橋千津子さんにマイホームアプリknotの導入体験を伺いました。

―はじめに、knotを導入したきっかけを教えていただけますか?

棚橋さん お客様とのやりとりの方法を見直したかったことがきっかけです。knotを導入する前は頻繁に電話をしていたので、かける時間帯や頻度など、ご迷惑をおかけしないように気をつかう必要がありました。その点を解消しつつも、こまやかなコミュニケーションを取ることはできないだろうかと思っていたところ、とあるセミナーでknotのことを知ったんです。とても良さそうだったので、さっそく導入しました。

―気兼ねすることなく、密なやりとりをする方法を探していらっしゃったのですね。実際にknotを利用してみていかがでしたか?

棚橋さん 一番大きなポイントは、お客様とちょうどいい距離感を保つことができるようになったことです。6名のスタッフ全員がknotを使っているので、社内でのお客様の情報共有がスムーズになり、一人ひとりのお客様に合わせた対応がしやすくなっています。お客様からの不満の声は確実に減っていますね。

―それぞれのお客様にピッタリな接し方ができるようになり、全体的な満足度が高まっているのですね。knotの導入に対して、社内ではどのような反応がありましたか?

棚橋さん 新しいものを導入することに対する若干のハードルはあったものの、チャット機能の便利さに気付いてからは社内にスッと浸透していきましたね。以前はLINEも使っていたのですが、knotのチャット機能の方が使いやすかったんです。

―ありがとうございます。knotの使い方としては、主にどのようなものがありますか?

棚橋さん お客様との打ち合わせの前に、あらかじめチャットでご希望を伺うようにしています。打ち合わせのタイミングになって初めてご要望をヒアリングしていた以前と比べて、ずっとご提案がしやすくなっています。

―事前にイメージを共有していただいたうえで、打ち合わせに臨むことができているのですね。

棚橋さん そうですね。それからこれは予想外だったのですが、契約前のお客様もチャットでご要望を送ってくださるんです。私たちの方からアプローチをする前の段階で、ご希望の土地の情報や、間取り・外観・インテリアのイメージをチャットで自発的に教えてくださるので、ご要望に合わせた対応をすることができています。

―契約を結ぶまでの過程でもknotをご活用いただいているんですね。knotを初めて紹介した際のお客様の反応はいかがですか?

棚橋さん 家づくりに特化したアプリなので、LINEをおすすめしていた頃と違って抵抗感を抱くことなく受け入れてもらえていますね。「knotのチャット機能でつながりませんか?」と提案したら、とてもスムーズにアプリを入れてくださいます。

―最後に、knotの導入を検討中の工務店さんにメッセージをお願いします!

棚橋さん 本当に、ただただ便利という言葉に尽きます!導入するか悩んでいるのであれば、絶対に使ってみたほうがいいです。

―棚橋さん、今回はありがとうございました!

--------------------

マイホームアプリknotを活用した接客術や業務効率化のご説明を行っております。

下記ボタンより資料請求をお申し込みください。

回答が見つかりましたか?