株式会社コラム建設は、1989年の設立以来、住宅・公共施設の建築やリフォームに加えて、地域に根ざした公共事業などをおこなう神奈川県秦野市の会社です。様々な事業で培った技術力を生かし、建設による社会貢献に取り組んでいます。

今回は、同社の住宅事業部コラムホームの営業主任である小林美徳さんに、マイホームアプリknotの導入体験を伺いました。

―はじめに、knotを導入したきっかけを教えていただけますか?

小林さん 営業・設計コーディネーター・現場監督など、それぞれの役割間のつながりを強くしたかったということが発端です。

 以前から、営業とお客様はLINEで密なコミュニケーションを取ることで良好な関係を築いていたのですが、設計や現場に引き継いだあと、工事が進むにつれてやりとりが少なくなっていき、お客様の満足度が下がっていく傾向がありました。そこで、役割に関わらず全員で状況を確認し、お客様に写真などでわかりやすく報告できるツールとして、knotを使うことになりました。

― なるほど。お客様とのコミュニケーションを密にとり続けることが最初の目的だったのですね。導入の決め手は何でしたか?

小林さん スタッフ全員が、お客様とのやりとりや情報をアプリで簡単に共有できることです。以前は、打ち合わせが終わると報告書を作って紙の資料でお客様と共有していたのですが、knotでファイル化して共有することで作業を簡素化できています。また、全員で情報を共有することで、お客様への返事が滞っていることなどをお互いに指摘できるので、仕事の抜けや漏れを無くすことができます。

― 実際にknotを利用してみて、良かったことは何ですか?

小林さん 現場の写真をknotで送ることで、実際に足を運ばなくても様子を見ていただけることです。最近は共働きで忙しいご夫婦が増えていて、お客様が直接現場を見に行く機会が昔と比べると少なくなっていますが、アプリで工事の様子を送ることで、お客様からは「安心して任せられる」というお声をいただきます。

―社内での情報共有が効率的になるだけではなく、現場の状況をいつでも確認できるようにすることでお客様からも喜んでいただいているのですね。

小林さん そうですね。実は、私自身が家を建てたときにもknotを使ってみたんです。図面などの書類を一箇所にまとめられるので、例えば家具やカーテンを買いに出掛けた際に間取りを確認したくなった場合でも、アプリから手軽に見ることができます。施工側としてはもちろん、施主側すなわちお客様側としても、knotを使って良かったと思っています。

―施主様としても体験されたのですね。他にはどのような使い方をされていますか?

小林さん タスク共有機能を使って、工事の予定などをお客様がいつでも確認できるようにしています。以前は紙の工程表をお渡ししていたのですが、悪天候で予定がずれてしまったりすると、不安に思ったお客様からお問い合わせをいただくことがよくありました。今では、スケジュールをあらかじめ示した上で、変更があればチャットでお伝えすることができます。最初から工事の全体像がわかって、お客様にも安心していただけますし、工期の変更がない場合でも、現場の写真を共有することで予定通りに工事が進行していることを確認していただいています。

タスク共有のイメージ

(タスク共有での工事予定の共有イメージ)

― 工事の予定も共有されているのですね。はじめてお客様にknotを紹介するときはどのような反応がありますか?

小林さん 「スピーディーな情報共有ができる、時代に合ったツールなんです」ということをお伝えすると、二つ返事で受け入れてくださります。実際にお使いいただいてからも、以前と比べて積極的にご要望などを伝えていただけるようになっており、家づくりを楽しんでもらえているように感じます。

― お客様のご要望に寄り添いやすくなるのですね。

小林さん そうですね。打ち合わせの内容も濃くなっています。前回の打ち合わせをもとにして作った図面を、次の打ち合わせの日までに先にknotで共有することで、お客様もご希望や疑問点をまとめた上で打ち合わせに臨んでいただけるからです。当日図面をその場で見せられても、その場で考えられることには限界がありますが、事前に見せることでお客様もしっかり準備していただけますから。結果的に打ち合わせの時間短縮にも繋がっています。

― 最後に、knotの導入を検討中の工務店さんに一言お願いします!

小林さん 紙での情報共有など従来のやり方でも特に困ることはないのかも知れませんが、knotを使うことでお客様も会社も書類管理やコミュニケーションが今よりずっと楽にできるようになると思いますし、仕事の抜けや漏れもなくなります。思っているよりもずっと簡単に使えるツールなので、是非使ってみて欲しいと思います。

―小林さん、今回はありがとうございました!

--------------------

マイホームアプリknotを活用した接客術や業務効率化のご説明を行っております。

下記ボタンより資料請求をお申し込みください。

回答が見つかりましたか?